メディア掲載・コラム

今春「総合病院リハビリ科や介護保険施設で勤務経験のある20代の施術家」が仲間に加わりました!

鍼灸あん摩マッサージ指圧師 引戸 司

引戸 司(ひきど つかさ)先生

(鍼灸あん摩マッサージ指圧師)


—なぜ当院で働こうと思ったのですか?

介護職員(介護職員初任者研修終了)、病院でのリハビリ助手などの勤務経験もあり、医療介護職員の皆様とご利用者様のためにより良いリハビリ鍼灸マッサージが提供できる職場を探していました。

当院を職場に選んだ理由は、院長の久米先生自身が臨床経験豊かな理学療法士であること、また理学療法士養成校教員もされていることなどから、「ここで理学療法やリハビリテーションを学びたい」という気持ちを強く持ったからです。

また面接のときに、久米院長先生と直接面談し、そのとても深い知識と、患者様やスタッフを思う温かい気持ちに感銘を受け、是非ここで学びたい!働きたい!と強く思いました。

 

 

—院内の雰囲気を教えてください。

「相手を思い遣る温かい気持ちで、常に相手の立場になって考える」という、久米院長先生の仕事や人間関係に対する「利他的愛」のスローガンが院内に充満しており、院長先生をはじめ大森ステーションの職員や関係者の皆様が丁寧に業務について相談に乗ってくださったり、助けてくださる雰囲気にもいつも感謝しています。

 

 

—お仕事内容を教えてください

主に訪問マッサージですが、法人提携先の老人ホーム、在宅など色々と学びながら楽しく働いています。

院長先生が理学療法士にて、脳外科疾患・神経内科疾患・整形疾患・呼吸器・心臓リハビリなど多岐にわたり症例を診る事ができるのも魅力のひとつです。

 

 

—最後に一言!

医学的知識や技術も学べる素敵な職場です!

勉強会の発表なども無理強いされることもなく、やりたい人のみで良いなど、とても気楽に楽しく働けます。

もちろん、社会人としてのマナーもしっかりと学べますのでスキルアップにも繋がっています!

人間関係良好で職員の定着率も抜群な当院で働けること誇りに思います!

鍼灸あん摩マッサージ指圧師 引戸 司

引戸先生のプロフィールはコチラ


ページトップへ